北九州の街をゆっくりと歩いてみませんか

おもてなしこ心が伝わるゆっくりかいどう

 この「北九州風景街道」は、北九州市内の長崎街道・門司往還の史跡や、歴史的な資源・文化施設または門司港レトロ地区の観光スポットなどを紹介する案内人です。
 
 北九州の豊かな自然と、美しい風景をゆっくりと楽しみながら、地域の文化や歴史発見の旅に出かけませんか!

 新しい発見と感動を求めて、一緒に歩いてみましょう!
 

風景街道について

 風景街道の取組とは、その地域ならではの風景や自然、歴史、文化などの資源を活かして、訪れる人をもてなし、よろこびや感動をもたらします。地域や道路の魅力の再発見、再構築によって地域の活性化と美しい道づくりを目指すものです。
 この取組は、平成17年度から国土交通省が全国で「日本風景街道」として進めているもので、その中の一つが「北九州風景街道」です。

北九州風景街道~北九州おもてなしの“ゆっくりかいどう”~

 北九州風景街道が対象とするルートは、「北九州おもてなしの”ゆっくりかいどう”」として日本風景街道に登録されています。
 江戸時代の街道の面影が残る木屋瀬・黒崎・小倉・大里を通る長崎街道や門司往還、大正ロマン漂う門司港レトロを中心にした延長約40kmのルートです。
 北九州風景街道の取組を推進するため、平成19年11月に北九州風景街道(長崎街道)推進協議会を設立し、現在は39の団体・機関で構成され、官民協働で活動を行っています。

北九州風景街道(長崎街道)推進協議会の活動趣旨

 北九州の歴史や文化、美しい風景等を保存・継承し、さらには、新たな未来への財産を創造・発掘し、育ててまいります。

取組内容

・歴史文化の掘り起こし・次世代への継承
・美しい風景の保存整備
・まちづくりの調査・研究
・まちづくりの企画・提言
・様々なまちづくりやイベント活動
・団体相互の情報交換や活動の連携
・情報発信と観光振興